スポンサーリンク

斜めのハンコが欲しい?

鈴印では非常にご要望の多い斜め印。

でも知ってる方は案外少ないんです。

一般的にハンコって縦に彫っているのがほとんどですね。

理由は簡単です。

一番スタンダードだから、みんな疑わずそれを使っているだけ。

でも実はお名前や書体によっては横にした方が綺麗な場合もありますし、斜めにだって彫れるんです。

じゃあどういった方が斜め印をお求めになるのかって言いますと、理由は3つ。

1.斜めのハンコを使っている人を見ていいと思ったから

2.職場で同じ名前で、すでに縦を使っている人がいるから

3.人と違う印が欲しかったから

でもこれが対応してくれるお店が意外に少ない。

なのでそのカラクリも合わせてご紹介したいと思います。

斜め印はパソコンに設定がない

もう簡単な話です。

斜め印があまり多くない一番の理由は、パソコン彫刻に設定がない。

あっ、もちろん高価な彫刻機や、パソコン周辺機器の知識がちょっとあればできますけどね。

でもコスト重視の場合は、あまり深く対応できませんからね。

1つの変わったことに大きな投資がかかるなら、断っちゃった方が正解ってなります。

案外知らない業界の真実♡

手彫りはなんでもできます

手彫りの一番の強みはコレですかね?

自分で書いて彫るワケだから、なんでもできる。

制限がないから自由自在。

逆にできない理由がない。

一口に「斜め」と言っても色々なパターンが存在します。

例えば縦長文字の斜め

そして横長文字の斜め

同じ縦長でも書体が違う斜め

こんな感じでお好みに合わせてどのようにでも彫ることができます。

まとめ

斜め印ってそう考えると、今では減ってきている手彫りならではの良さが味わえる一品なのかもしれません。

それに認印でも本来は唯一無二であるべきな印ですからね、他の方と明確な区別をつけたいって思いは当然です。

そんな数少ないレイアウトですから、銀行印に使うのもアリですよね。

なのでもしかして、お店の力量が問われる彫り方なのかもしれません。

案外聞いてみても面白いかもしれませんよ♡

もちろん鈴印では喜んでお受けいたします。

斜め印のご注文はこちらから

※上記リンクは一般的な縦のレイアウトになっておりますので、備考欄に「縦長斜め」もしくは「横長斜め」とご記入ください。
記載のない場合は通常の縦になってしまいますので、ご注意ください