スポンサーリンク

鈴印の実印は30分ではできません

おかげさまで鈴印にご来店のお客様は「実印を作るのには時間がかかる」と思っていただいてる方が多いです。

逆にありがたいことに「30分で彫っちゃうって心配で」とおっしゃっていただくお客様も。

でもたまに「え?できてんのないの?」とか「え?30分で彫れんじゃないの?」っておっしゃる方も。

で、せっかくなんで伺ってみたんですよ。

「なぜ30分で彫れると思ったんですか?」って。

すると「だってどっかのお店に『30分で彫れます』って書いてあるの見たから」

なるほど!

そう言えばワタクシもよく見ますね。

ってコトで、なんでそんなに完成までにかかる時間が違うのかってお話をしたんです。

実印を30分で彫れない理由

ではまず、実印を30分で彫る方法をご紹介しましょう!

答えは簡単です。

機械で彫れば30分で彫れます。

いやむしろ30分も掛からない。

鈴印でも三文判を彫るPC彫刻機がありますから、やろうと思えば30分でも彫れます。

でも彫りません。

これも理由は単純です。

鈴印の理念に反するからです。

ちなみに鈴印の理念は「印鑑と通してお客様の価値を高めたい」です。

お客様の価値を高めるためには、早く安く簡単に彫れる印は、実印としてお渡しできません。

だってよく写らないし、そもそも同じモノが30分で簡単に複製できちゃいますからね。

実印ってパスワードのようなモノだから、正確に何度も繰り返して押せる必要がある。

かつ複製が困難でなけらばならない。

そのためにお客様のお名前を伺い、1つ1つの文字を調べ、全体の調和をとって文字を作り書く。

そして綺麗に押せるように材料を整え、彫って仕上げて、捺印テスト。

最後に綺麗に洗って磨いてお包みしてお納めする。

そのプロセスをとると、文字が完成するだけで30分じゃ間に合わない。

そしてこれも大きいんですけど、おかげさまで彫る数も多く、毎日順番で彫っていたりもするんです。

あとワタクシが出かけてるコトも多いですしね。

でも今回のお客様はありがたいコトに、ご注文をいただきました。

それはこんな理由だったからです。

翌日ならお渡し可能かも?

あの誤解のないように書いておきますが、30分で彫れないからって1週間もかかるワケじゃないんです。

完成までのお時間はその時の状況によってで申し訳ないんですけど、翌日ならお渡しできる場合が結構多いです。

今回のお客様も、翌日までならお待ちいただけるってコトでご注文いただきました。

ありがとうございました。

実印って急ぐ場合が多いです。

どうしても最後に先方に言われて「そうだ!」ってなるパターンですからね。

そして役所に登録にも行かないといけない。

だから早く欲しい。

あとは注文したからにはできるだけ早く欲しいってのも、気持ち的にはあったりすると思うんです。

だから再度、誤解のないように言わせていただきます。

急いで彫る意思はあるんです!

作り手としてはできれば2〜3日いただけるとありがたいですけど、お店ではお客様に応じてそんな感じで対応させていただいております。

最後に

鈴印での実印の完成のタイミングは、そんな感じとなっております。

もちろんそれでも30分で必要ってお客様に関しては、取り急ぎ既製品でクリアしていただく方法もご提案しています。

ひとまず三文判で登録して、実印が完成した時点で登録変更していただく流れですね。

と色々書いて参りましたが、なんども書きますが、決して急いで彫る意思がないワケではありませんので、お客様の状況に応じてご相談いただけたらと思います。

中には「急いで彫って失敗しないの?」なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、お受けした時点で完璧を目指せる範囲内なのでご安心ください。

鈴印の最大の強みは、自分たちで彫っているコトです。

PCにも職人さんにも頼らず彫ってます。

直接人対人ですからね。急いで欲しいってお願いされると、なんとかしたいって思うのが人情です。

意外にお願いされると弱いワタクシ♡

ぜひお気軽に必要なタイミングをご相談ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする