スポンサーリンク

宮っこパレードに棲む魔物♡

宮っこパレード、栃木県外の方からしたら何それ?って感じだと思います。

昨日と一昨日は宇都宮でも最大のお祭り、宮祭りでした。

そしてその中で、小さな子供達が参加できるのが宮っこパレード

要するにお祭りのオープニングを飾るイベントで、子供達による踊りですね。

とはいえ、年々参加者も増え、今では大通りの通行止め区間を全て埋め尽くすほどの盛大なイベント。

以前は宮祭りと言えば、ワタクシ担ぎ手として楽しみで仕方なかったお祭り。

とは言え、それも環境によって変わってきますね。

自分中心から子供中心。

そんなワケで今年の宮祭りは、宮っこパレードに出る子供の保護者という立場で参加させていただきました。

しかしそんなワタクシの前に、あんな魔物が現れようとは・・・

お祭りまでの怒涛の一日♡

我が家の休日は、休日と呼ぶにはふさわしくないほどの過密スケジュールが常。

まあ休日なのは鈴印であって、家族単位であればそれはまさに繁忙期♡

朝からずっと忙しい♡

昨日も暑い1日でした。朝は雨雲混じりのどんよりとした空も、昼からは一転雲ひとつない青空に。

そして休日といえば我が家には欠かせない行事があります。

たとえ雨が降っていようとも、はたまた夕方からお祭りが待っていようとも、そんなコトは全く関係ありません。

そうです。

またプール行ってたのか♡

昨日は混んでました。あわよくばまた空いてる?なんて希望もあの暑さではいた仕方ありません。

夕方の宮っこパレードのために終了時刻が決まっているも、彼らにはそんなコト関係ありません。

最近空いてる環境に慣れていたせいか、久々の混雑に思うように遊べなく不満の募る子供達。

しかしそんな事情などお構いましに、時間だけが過ぎていきます。

子供と動く際は余裕を持ったスケジュールが必須です。

私の予定では14時にはプールを出ないといけない。そのために13:30頃から「そろそろ帰るぞ」とプレッシャーをかけ始めます。

ところが彼らはそんな計画すらあざ笑うかの如し。

「焼きおにぎり食べる」

「俺かき氷」

まさかの・・・そこからの食事タイム。

「今食べてもいいけど、帰りコンビニでアイス食べられないぞ」

分かってるんです。そんな駆け引きが全く意味をなさないことも。

またそんな時に限って、遅いんだ食べるの。

ようやく食べ終わり「次、流れるプール行く」

やばいな〜と思いつつも、下手に議論してもまた言い負かされるため、渋々了承。

そして予定通りに引き上げようとするワタクシに予想だにしない最後通告。

「あと波のプール入ってから帰る」

・・・「ま、いっか♡」

出た♡

そしてその後帰りの道中、まさかの次男からのコンビニを前に突然

「アイス食べて帰る」

結局全ての望みを叶える彼ら。

慌てまくってるワタクシ。

早々に寝る次男♡

なんとかギリギリ家にたどり着き、寝ている次男を抱え帰宅。

そっと置きつつも、長男とお祭りの準備と着替え。

必要最小限の荷物を抱え、ダッシュで出発。

必死の時間調整の甲斐もあって、10分ほど余裕を持って集合場所にたどり着けそう・・・

もちろんそこはお祭り会場。所狭しと並ぶ屋台の数々。

急いで間に合った心の余裕からか、はたまた久々に車じゃない移動からか、突然やってくる1つの欲求。

そうです!とりあえずビール♡

せっかくですからね、コンビニの缶ビールじゃなく、目指すは生ビール。

そしてこの判断が、後々大きな魔物を登場させることになろうとは・・・

宮っこパレードに棲む魔物♡

感じの良さそうな販売員さんの「生ビールいかがですか?」の声に誘われ、「1つください」

感じの良い人って必ず手際も良いモンです。

あっという間にコップを取り出し、あっという間に注ぎ始めます。

そんな手際の良さに普段なら「さすが!」って思うワタクシも、この日は全くそんな余裕などございませんでした。

あれ?

あれ??

財布は???

・・・徐々に蘇る記憶。

先ほど次男に促されアイスを買うために寄ったコンビニは、Suicaの使えないコンビニ。

普段ならバッグの中に入れっぱなしでiPhoneだけ持って支払うも、あそこだけは財布が必須。

しかも「開けて〜」などと乗り込んだ途端に催促され、その財布を車のドアポケットにとりあえず置いて・・・そこから途絶える財布の記憶。

完全に蘇る記憶♡

そうなんです。史上最強の魔物現る♡

魔物じゃくて、忘れ物♡

この最強の魔物を前に、この日一番の汗をかくワタクシ。

目の前には、すでに半分ほど注がれるコップの生ビール。

恐る恐る、引きつった笑顔で話しかけるワタクシ。

「すみません。財布忘れちゃって、、、汗」

あわよくば「大丈夫ですよ」の言葉を待つもまさかの・・・同じように引きつった笑顔の店員さん♡

お見合い♡

しかし!そんなワタクシの前に救世主現る。

たまたま通過中のお友達♡

「500円貸して♡」

お互いに引きつった笑顔から、同じ苦難を乗り切った同士の如く喜びを分かち合う店員さんとワタクシ♡

無事、魔物退治♡

ミッションコンプリート♡

最後に

昔から親父にはよく言われてました。

「お前は友達には恵まれている」

この日もその言葉を思い出しました。

だって「財布忘れちゃったから500円貸して」というワタクシに、「この後どうすんの?500円だけじゃ足りないでしょ?」と余分に貸してくれた彼。

にも関わらず、予定外の収入に気が大きくなり子供やそのお友達に色々買ってあげちゃうワタクシ。

自分のお金じゃないからね♡

気がつけば所持金200円。

にも関わらず「せっかくだから飲み行こうか!」

とこれまた別の友人をお誘い。

誘ったんかい♡

iPhoneがApple Payに対応して、本当便利な世の中になったな〜と思いましたが、この日は改めてデバイスを信用しすぎてはいけないコトを学びました。

使えないトコ多いからね。

にも関わらず、お祭りを財布なしで乗り切ったこの日、人として一回り大きくなれた気がした夏の日でした。

迷惑だから♡

最後に色々とご支援いただいたみなさま、この場を持って御礼申し上げます。

この感謝の思いを胸に、これからも一生懸命生きたいきたいと思います。

どうも、ご馳走様でした♡

あれ♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする