スポンサーリンク

細かい作業が驚く程楽しくなるピンセット☆

※2014年5月14日に公開したブログですが、ショッピングサイト対応になりましたので、修正して2017年5月23日に再度公開しました。

今回はもう先にはっきり言っちゃいます!

これは本当めちゃくちゃ使いやすいっす!!!

細かい作業が驚く程楽しくなるピンセット

ピンセット

あのですね、あまりに身近過ぎて全く気づかなかったんです。

小さい頃からずっと使ってますから。

ところが先日こんなコトがありました。

ワタクシの妹が靴職人をやってまして、同じ職人さんの友人にこんな事を聞かれたそうです。

「細かい部分の細い糸を引っぱり出したいんだけど、指は入らないし、 普通のピンセットじゃつまめないし、なんか良い道具ないかな〜」

「あるよ!」

それがこのピンセット。

ではではワタクシは一体何に使っているのか?

ホント我々は細かい作業が多いんで、それはそれは使い回しておりますが、ざっと思いつくままにご紹介します。

両面テープ剥がし

不器用なワタクシがとっても苦手なのがこういう細かい作業。

道具がなければ爪で引っ掛けてはがしますよね?

女性でネイルされてたりすると、こーゆーのって結構苦手じゃないですか?

このピンセットと使えば、2〜3回ひっかければ確実につまめます。

簡単!

シールの剥がしと位置決め

まずはシールを剥がし。

これもワタクシ大の苦手。

爪で引っ掛けようと何回もトライしているうちに、ぐちゃぐちゃになっちゃったりして♡

でもこのピンセットがあればスマートに剥がせます。

そしてシールには次なる難関が待ち構えます。

それが・・・貼る作業。

指だとシールが手に隠れちゃうから、貼る位置に狙いを定めるのが難しい。

よく見えない状態での作業だと曲がりやすいし、粘着部分に手油が付いて粘着力も落ちちゃうし。

それがこのピンセットを使えば

位置の狙いは定まるし、曲がりは調整できるし、何より汚れません!

もし商品に貼るなら、そーゆー細かい部分が大切だったりします。

ピンセットを使った裏技♡

ものすごくピンポイントでつまめ、しかも力がいらないピンセットなのでこんな使い方もできます。

毛抜き♡

眉毛ぼーぼーのあなたにもオススメ♡

ピンセットの正体は手彫りゴム印用

じゃあそもそもこのピンセットはナンなのか?

これ実は、ゴム印の手彫りをする時に使うピンセットなんです。

ゴム印の手彫りの作業は、まず左手でゴムをつまんで引っぱり文字の線に沿ってデザインカッターのような刃物で切り出していくんですが、恐ろしく細かい作業な上に、グニャグニャと動きます。

だから正確なピンセットじゃないと、よくつまめずゴムに弾かれちゃうんですね。

そのためつまみやすいのは勿論、少しの力でしっかりつまめますし、先が尖っているから細かい部分に最適。

ホントこの感触を一度味わったら、もう他のピンセットは使えません!

なのにゴム印の手彫りの職人さんの減少からか需要も少なく、現在ほとんど市販されておりません。

探しても見つからないこのピンセットはこちらから

ワタクシは幼い頃から普通に使っていたんですが、なんのための道具かなんて聞いたこともありませんでした。

ただ凄く使いやすかったんで、大学で一人暮らしをする際にも持ってたんですね。

それなのになくしてしまい、都内の某有名文房具店さんなどをアチコチ探したんですが結局見つからず。

仕方なく実家に電話して「あのお店で使ってるピンセットって、余ってんのある?」

そんな感じで購入ルートも聞かず頼んで買ってもらいました。

そしてその正体を知ったのは職人をやっていた時でした。

ワタクシの部屋を訪ねた先輩が

「お前さすがハンコ屋さんの息子だな〜。めちゃめちゃいいの使ってんな〜」

「えっ?どれっすか?」

そんな状態♡

「これこれ、このピンセット!これゴム印の手彫り用のヤツだよ。安くはないけど、めちゃくちゃ使いやすい!だから俺も使ってんのよ。」

その位その道のプロ達に愛用されていた逸品だったんですね。

そしてプロ御用達ですからね、モチロン耐久性も抜群!

ワタクシの母はかれこれ40年程使ってるそうですが、未だに新品と同じ様に使えております。

価格は決してお安い商品ではございませんが、作業効率の大幅アップと上手くいかないストレスが解消され、しかももはや一生モノ。

プロが使う本物の道具に一度触れてみませんか?

ぜひぜひ店頭でもお試し下さいね!

ピンセット

6,400(税別)

スポンサーリンク

フォローする