スポンサーリンク

落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

落款には色々な種類があります

落款をややこしくしてる理由がこれだと思うんです。なんか色々種類があるけどよく分かんないよね?って。それを先日とっても分かりやすい表を手に入れる事ができましたので、その資料を元にご説明したいと思います。

落款の使い方

一心堂さん×富川さん制作

こちら表の制作秘話はこちらから

落款の使い方はこの3つを抑えておけば完璧

上記の表、ブログに貼付けるとかなり文字が細かくなって分かりにくいと思うので、区切ってご説明したいと思います。

色々な種類があるのがお分かりかと思いますが、大切なポイントはこちら

落款を押す位置

ここには4カ所の捺印が記されておりますが、一般的に必要なのは以下の3つです。

落款の重要な3つ

この3つを合わせて三顆印(さんかいん)と呼ばれ、一番正式といわれております。

じゃあなぜ4カ所も押してあるのかって言いますと、右下の「御脚印」は飾りと言いますかカスタムと言いますかオプションと言いますか、要するに上級者向けとご理解頂けばと思います。

ちなみに鈴印に飾られてる関野香雲先生の額にも三顆印のみが押してあります。

鈴木印舗の額

ねっ!

ではそれぞれに違いと使い方をご説明しましょう。

①関防印

関防印

色々詳しく書いてありますが、簡単に考えると「座右の銘」でも構いません。

例)「特命係長」とか♡

②白文印

白文

要するに、本名ですね。本名のフルネームか、お名前か、お名前の頭文字とかを、文字を彫ったモノを白文印と言います。

例)「克」 「克印」 とか♡

朱文印

朱文印

こちらは雅号、要するに芸名みたいなモノですね。書画等を習ったりしますと師匠から付けてもらえるんですよ、お名前を。ちなみに私も「慶雲」ってのを頂いてますけどね。

使ってませんけど♡

その雅号を文字の回りを彫って、文字が朱くなるから朱文

例)「只野仁」 「仁」 とか♡

※ちなみに雅号をお持ちでない方は、お名前で構いません。

つまりこんな感じ

落款の見本

わかりやすい♡

謹書の時は本名を署し印を押す

それから朱文印の一番下にも書いてあります様に

朱文印

謹書の時は本名の判を押します。

つまりお手紙等では、朱文で本名って事になりますね。なのでこちらが正解

署名捺印

とまあ色々書いてみましたが、今回ご紹介しましたのはあくまで書画等に押す場合ですからね、普段使いならお気軽にご自身のお名前のみを彫った落款がオススメです。 朱文か白文かはお好みでも構いませんし、どっちがいいか分からなければお気軽にご相談頂けたらと思います。

まずはこういった文化が日本には昔から存在し、今も大切にされてる方がいらっしゃる事を知って頂けたら幸いです。そして何より、こういった日本文化の心得がある方って、文字が上手なのと同じ様にちょっとだけ「素敵だな」って思ってもらえるはずですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする