スポンサーリンク

職人さんって一人前になるのに10年掛かるって本当なの?

先日、とある技術職の社長さんとお話をする機会がありました。

やはり業種は違えど、同じ技術職つまりは職人さん上がりの社長さんとのお話は、共通項も多くとても楽しいひとときです!

そして多くの職人さんを抱えるそちらのお店は、お悩みの1つが技術者の育成だそうです。

志高く入社されても、多くの方が2〜3年で辞められてしまうんだそうですね。

私も職人をやっておりますので、その辞められる方の心模様はよく分かります。

なので、今日はそんなお話を。

職人さんって一人前になるのに10年掛かるって本当なの?

職人

よく聞きませんか?「職人で一人前になるのには最低でも10年は掛かる」って。

ここだけ聞くと

なんでそんなに時間掛かるの?
そんなに難しいの?
もっと効率良くして、時間短縮できないの?
っていうか、そもそもその考え方って時代遅れなんじゃね?

なんて意見が聞こえてきそうです♡

ま、実際ワタクシそう思っておりました♡

では経験者として実際どうなのか?

では、まず結論から申し上げましょう!

職人として一人前になるには10年掛かります!

なぜ一人前になるのに10年も掛かるのか?

あのこれ別にね「俺は10年以上やってるから偉い!」って自慢してるワケじゃなくて、どうしてもその位掛かっちゃうんですよ。

っていうのは、例えば我々ハンコを彫る職人なら、ハンコを彫る技術自体は2〜3年やれば、誰でもそこそこ彫れるようになります。

まず最初の1年はスポンジの様に吸収しますから、毎日毎日驚くほど進歩するんで楽しくて仕方ないんですよ。

自分でも上手くなったな〜って感じるのが2〜3年。

でね、その頃に大きな壁に必ずぶち当たります!

それが・・・

「なんかもう、飽きちゃった・・・」

なんです。

コツコツ地道にやってきて2〜3年ですから、思い返すと凄く頑張ってきたんですよ。で、自分なりにそこそこ上手くなったな〜って感じます。

でも先輩からは一向に評価されません。だってまだまだちょっと上手に彫れるようになっただけですからね。もちろん自分でもその自覚もあり、上を見ればキリがないのは分かってるけど、ちょっと疲れちゃうんですよ。それに一番つらいのは、以前ほど凄いスピードで上手くならなくなってきてるコトなんです。上がってる充実感がこの頃突然感じられなくなります。

つまり「そこそこできるようにはなったけど、あそこまではたどり着けそうもないな〜」なんて心が参っちゃうんですよ。

で、多くの職人さんはそこで辞めちゃう。

そしてそれも「彫る」という部分だけのお話です。

そこに「文字を書く」という技術がまた別に必要になり、そのためには文字の勉強もしなければならない。

で、実は実際につくる(彫る)作業より、描く(書く)作業の方が遙かに難しく時間が掛かります。

だって0からモノをつくるための、設計図ですからね。

つまり、部分部分の技術習得ならそれぞれ2〜3年で上達できるけど、総合力ってなると10年くらい掛かっちゃうワケなのです。

一人前って「一人で全部できる」って意味じゃないですか?

つまり誰にも頼らず、自分の力で全部できるようになるのには10年掛かるんですね。

最初の2〜3年の壁を越えるために・・・

やっぱ何事も壁ってあります。

でもその壁を越えられる人と、越えられない人との一番の違いは・・・

その先の志

だと思うんです。

私の場合は、あのうるさい親父に文句言わせない!って大きな志がありました!!!

小さいな♡

人によって様々だと思うんですよね。それはなんでもいいと思います。

お金持ちになりたいでも、憧れのあの人みたいになりたいでも、女にモテたいでも♡

その先の大きな目標があれば、必然とその途中の壁も「節を強くしてる時」と前向きに捉えられますから。

でね、10年続けると確実に見える世界が変わります。

だって、例えば大好きな趣味で知識や経験がもの凄くある人でも、その事だけ10年本気で取り組んだ人なんてほとんどいませんから。

だって他に仕事あるし。

一人前のプロはその事だけ10年続けてます。

もうそれだけで圧倒的なんですよ。

そして一番の収穫は、やり続けられた心です。

やり続けられた心=自信です。

よく言うじゃないですか?誰にも負けないコトが1つ欲しいって。

10年続けたら、ま〜確実に手に入りますね。

誰にも負けない自信ってヤツを!

ま、それでも上見りゃまだまだキリないんですけどね♡

スポンサーリンク

フォローする